脱毛に日焼けが大敵と言われる具体的な理由とは?

脱毛サロンでは、契約時にいろいろな注意事項を説明されます。

 

その一つが、脱毛期間中は絶対に日焼けをしてはいけないということです。

 

ここでは脱毛に日焼けが大敵と言われる具体的な理由をご説明します。

 

脱毛の光はメラニン色素に反応する

 

脱毛サロンでは、光脱毛を採用しているところが多いですね。

 

光脱毛は、むだ毛の黒い色となるメラニン色素に光を吸収させて熱エネルギーを作ります。

 

この熱が毛根に伝わることで、成長機能が低下してむだ毛が抜け落ちるというメカニズムになっています。

 

日焼けをすると、紫外線のダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成され、細胞内に留まります。

 

光脱毛の光にとって、むだ毛のメラニン色素も肌のメラニン色素も同じものです。

 

つまり日焼けをした状態で施術をすると、肌のメラニン色素に熱が発生してしまい、炎症ややけどのリスクが高くなります。

 

そのため、脱毛には日焼けが大敵なのです。

 

脱毛を定期的に受けるには

 

春や夏はアウトドアレジャーを楽しみたいかもしれません。

 

しかし、紫外線を浴びてしまうと、見た目には分からなくても日焼けをします。

 

日焼けをすると施術が受けられないので、毛周期に合わせて脱毛ができなくなったり、予約をキャンセルしたりしなくてはいけません。

 

定期的に施術を受けて脱毛効果を高めるためにも、紫外線対策を徹底しましょう。

 

  • 紫外線の強さにあった日焼け止めを使う
  • 帽子や日傘、UVカット加工された衣類を活用する
  • 紫外線量が多い日は外出を避ける
  • 日焼け止めはこまめに塗り直す

 

こういった紫外線対策を実践すれば、日焼けのせいで脱毛サイクルが狂うことはありません。

 

ちょっと面倒かもしれませんが、紫外線対策は美肌にもつながります。

 

乾燥肌も防げるので脱毛効果もアップしますから、脱毛期間中はしっかり紫外線対策を実践してください。

 

ちなみに、今は一年を通して紫外線に気をつけなくてはいけません。

 

秋冬は肌の露出も減りますが、それでも念のため日焼けには気をつけましょう。

 

特にスキーやスノーボードなどウインタースポーツは日焼けをしやすいので、油断しないことが大切です。

TOPへ