脱毛サロンやクリニックではクーリングオフが認められないのか?

しつこい勧誘を断りきれなかった、その場のノリで契約をしてしまったという場合、やっぱり解約したいと思うこともあるかもしれません。

 

そんな方のためにあるのがクーリングオフです。

 

クーリングオフの基本的な定義には当てはまりませんが、実は脱毛サロンやクリニックの契約には適用されるので、条件や手続きをご紹介します。

 

クーリングオフができる条件とは

 

クーリングオフは、本来であれば訪問販売や街中での営業などの契約に適用されます。

 

ただし自分の足で話を聞きに行った場合でも、脱毛サロンや結婚相談所のように強引な勧誘が行われる可能性がある契約にも適用されます。

 

脱毛サロンやクリニックでクーリングオフをするための条件は3つあります。

 

  • 契約をした日から8日以内に手続きをする
  • 契約期間は1ヶ月以上
  • 契約金額が合計5万円以上

 

まず、契約をした日から8日以内に手続きをすることです。

 

契約日を含めて8日ということなので、それ以降になるとクーリングオフはできません。

 

また契約期間は1ヶ月以上という条件がありますが、これは脱毛の場合、都度払い以外はほぼ適用となるので問題ないでしょう。

 

3つ目の条件は、契約金額が合計5万円以上となっています。

 

これらの条件をすべてクリアしていれば、クーリングオフが適用されます。

 

クーリングオフの手続き

 

手続きというと面倒なイメージがありますが、実は普通のはがき1枚で出来ます。

 

まずは、はがきに契約年月日、コース名、金額、店名、担当者を記入します。

 

後は契約を解除するということと、支払い済みの場合は返金する口座名を記入すればいいだけです。

 

クーリングオフ用のフォーマットはないので、契約解除の旨と契約内容をしっかり記入すれば大丈夫です。

 

書面内容よりも注意したいのは、はがきが届いていないと言われることです。

 

こういったトラブルを避けるためにも、クーリングオフの通知書のコピーを取り、受け取りを確認できる簡易書留で送りましょう。

 

はがきの消印が有効期間内であればクーリングオフは適用されますが、それでも期間が短いので速やかに手続きをしてください。

 

解約をすると迷惑では、と思う方もいるかもしれません。

 

ですがクーリングオフは消費者の権利なので、解約したい場合は遠慮せずに手続きを行いましょう。

TOPへ