毛周期を本当に無視できるわけではない?SHR脱毛の仕組みとは?

SHR脱毛の特徴として、毛周期に関係なく施術が受けられることが挙げられます。

 

そのため、早い人であれば最短6ヶ月で脱毛が完了するというメリットがあります。

 

ですが完全に毛周期を無視して施術が受けられるわけではないので、仕組みをしっかり理解しておきましょう。

 

SHR脱毛の仕組み

 

従来の脱毛法は、毛根組織に熱ダメージを与えて脱毛するという仕組みです。

 

ですがSHR脱毛のターゲットは、毛根組織に発毛指令を出すバルジ領域です。

 

バルジ領域には発毛を促す因子があり、これが毛周期に合わせて毛根組織に送られることでムダ毛が成長します。

 

SHR脱毛では、このバルジ領域にダメージを与えることで、発毛因子を弱体化させて成長を阻害する仕組みになっています。

 

光脱毛などはムダ毛の黒い色に光を反応させて熱を作り出します。

 

この熱が毛根組織にダメージを与えるので、成長期に合わせて施術を行う必要があります。

 

しかしSHR脱毛は皮膚を温めて蓄熱し、この熱でバルジ領域にダメージを与えます。

 

つまりムダ毛の成長に関わらず脱毛ができるので、成長期は関係なく施術が可能と言われるのですね。

 

それでも毛周期は無視できない理由

 

SHR脱毛の仕組みを見れば、一見、毛周期は関係ないと思えるでしょう。

 

確かに光脱毛のように成長期じゃないと絶対に脱毛できないということはありません。

 

ですが発毛因子というのは、毛周期のサイクルに合わせて毛根組織に送られます。

 

つまり成長期の段階に入ると、発毛因子の働きも活発になるので、そのタイミングで施術を行うのがもっとも効果的なのです。

 

毛周期を無視したスパンでバルジ領域にダメージを与えても、発毛因子自体が休憩状態なので機能を弱らせることができません。

 

ですので、厳密な毛周期を守る必要はありませんが、無視して施術を行っても効果が出づらいのです。

 

忙しい方にとっては、毛周期に関係なく施術が受けられるSHR脱毛はとても魅力的かもしれません。

 

ただ、まったく無視すると効果が出るまでに時間がかかるので、できるだけ毛周期を守って施術を受けましょう。

TOPへ